R3.2.13 福寿草、ロウバイ園のお知らせ

日に日に状況が良くなる園地です。

見ていて気持ちが良いです。

多くの来園者様とすれ違いましたが、皆様マスクの着用や駐車場などでお願いしているアルコール消毒にもご理解をいただいており、感謝しております。

こちらの園地はすべて囲われておらず、登山道などとの複合となっており、多数の出入り口が存在していますので、来場者名簿というものは付けられないことから設置はしておりません。

ここは、この時期の午前中だと太陽の角度がよく、とても暖かで日の差す良い園地だと思います。

ロウバイと福寿草を併せて眺めることも出来ます。

真夏の日差しが強い南向き斜面は福寿草にとってとても厳しい環境になってはおりますが、ロウバイと併せて楽しむ早春の花を皆様に提供するため、園地は一生懸命管理されているようです。夏場に行くと、雑草が多く茂り、放棄地のようになっているのですが、それも、土中に埋まる福寿草の株を守るためであるそうです。

詳しい方からすると、なんでここに福寿草が?と思われるかもしれませんが、早春の花を一度に多く楽しんでもらえるようにするための、小鹿野町からのおもてなしであるのでは?などと考えております。

カテゴリー: News パーマリンク