R3.8.26 両神山スズメバチ情報(日向大谷登山口)

日頃より登山に関し、情報を発信する立場にありますが、逆に貴重な情報を観光客様方より頂くことも多くあり、感謝しております。

今回は、先日お知らせしたスズメバチ目撃情報に関し、続報が寄せられ、危機感のあるものでしたので現地に情報を収集しに行ったところ、巣を発見したことから、早急に駆除をいたしました。

写真赤丸のウロの中に巣がありました。

こちらの木は、銀色に塗られてしまった不動様から歩いて5分程度いったところの沢渡りポイントの近くに立っています。

今回のスズメバチの巣があったポイントの周辺には4枚ほどコチラのハチ注意看板を設置させていただきました。

巣を薬剤などであぶり出し、可能な限り働き蜂を駆除いたしましたが、外出している個体などがまだ戻ってくるなどの行動が確認できましたので、引き続き油断をしないようお願いをしたく思います。

巣は駆除しましたので、数日の内に移動することと思います。

巣のあった木の周辺に2個、蜂取り用のポットを設置いたしました。

継続して働きバチを回収する効果を期待するとともに、登山者様方の安全につながればという思いで設置いたしました。

※コロナ禍により、屋外レジャーの人口が増加しています。両神山も例に漏れず多くの登山客様方に来て頂いていますが、装備を十分に整え、体調万全で登山をしていただきますようお願いを申し上げます。

 

カテゴリー: News パーマリンク