R4.1.1 新年の挨拶と、山岳に係る情報について

令和4年となりました。明けましておめでとうございます。

安全登山から、各種イベント情報まで、今年も頑張って更新していきます。

 

さて、年末から寒波が押し寄せた影響はこの秩父地域にも出ております。登り始めということで山岳へ行く検討をされている方々におかれましては、十分に情報を収集してから行くようお願いを申し上げます。

http://titiburomenkamera.saitama.jp/video-default.php

上記URLは秩父県土整備事務所です。1月1日8時時点において、白くなっている箇所が何点か確認できます。

一般国道299号
小鹿野町河原沢地内(坂本)
・・・二子山の坂本登山口最寄りの道路状況と近似してます。股峠登山口への道路は更に標高が上がるのでこれよりも積もっていることが推測され、また、日影に位置する部分も多いので、アイスバーンになっていることもあります。スタッドレス必須です。

一般県道道薄小森線
小鹿野町両神小森地内(滝の沢橋)
・・・丸神の滝へ行く途中の地点です。降雪がなさそうですが、凍結箇所が多くあります。スタッドレス推奨です。また、この場所は日向大谷(両神薄)の登山口へ行く道路とも近似してますので、道路状況の参考になります。

 

登山道状況について

正確な状況はつかめておりませんが、主要な3つの山に関して所有する情報を提供します。

両神山

遠景からみても真っ白です。積雪状況的には、標高で1200前後からはしっかりとした雪道になっているのではないかと思われます。ヤマレコやヤマップなどで先行して登ったかたの情報を見ながら、近傍の登山道状況を確認し、慎重に装備を検討してください。

二子山

両神山同様、積雪していると推測されます。装備を慎重に検討するようお願いします。クライマーの方におかれましても、岩場までのアプローチに積雪がある可能性を見越して靴の選定等をお願いいたします。

あずまや山

積雪はありません。

つつじ新道や、両神神社奥社から先の上級者コースについては、落ち葉が堆積して路肩不明瞭になるときが度々あります。足下に十分注意し、下山時は特に滑落しないよう鎖を利用しながら動いてください。

落ち葉は町役場にて、除去作業を行っております。しかし、山肌に堆積したものが新しく風でながされ降りてきてるかもしれません。ご了承ください。

 

今年も、何卒よろしくお願いいたします。

カテゴリー: News パーマリンク