10月

奈倉妙見宮例大祭【女歌舞伎】

妙見宮祭り1
◆期日
第1土曜日
◆会場
下小鹿野奈倉地内・妙見宮
  • 妙見宮祭り2
  • 妙見宮祭り3

小森諏訪神社例大祭【歌舞伎】

諏訪神社例大祭1

子ども花火、、秩父屋台囃子、舞踊、民謡、歌舞伎上演、奉納煙火打ち上げ等を開催。

◆期日
第2土曜日
◆会場
両神小森地内
諏訪の森記念館
  • 諏訪神社例大祭2
  • 諏訪神社例大祭3

長留の獅子舞

長留の獅子舞1
◆期日
体育の日の前日
◆会場
長留中組・宗吾神社
  • 長留の獅子舞2
  • 長留の獅子舞3

竹平の獅子舞

竹平の獅子舞1

 両神薄の竹平耕地の西側、薄川と浦島沢の合流点の石段を登ると、諏訪神社がある。
諏訪神社の祭りに五穀豊穣、悪疫退散を祈願して奉納されるのが「竹平獅子舞」。祭礼当日は午前中に祭典の執行、午後になると御神体を先頭に行列を作り、集落内を回る「ご神幸」が始まる。秩父地方に伝わる獅子舞のうちでも古い形を残し、獅子頭、衣装などの用具も良く保存されている。

◆期日
体育の日
◆会場
両神薄竹平地内
  • 竹平の獅子舞2
  • 竹平の獅子舞3

柏沢のちんぢんめえり

柏沢のちんぢんめえり1

 柏沢耕地内には、昔から一族が祭る7つの鎮守がある。ちんじんめえりの由来は定かではないが、鎮守参りが方言化したものと言われ、この伝統の祭事は、7 社の氏神を提灯行列でお参りする夜祭りである。古くは、9月28日の祭典であったが、養蚕等の都合により10月10日に行われるようになった。現在は、 10月第2日曜日に行われている。
 真っ赤な天狗の面を着けた猿田彦命を先導役にして、神官・行事・笛方・大太鼓・小太鼓と続き、その後ろに家紋入りの弓張り提灯やブラ提灯を手にした参拝者が加わる。
 行列に加わった人たちは、お囃子に併せて「ちんじんめえりヨーイヨイ」のかけ声を発し、この時提灯を高くあげる。山あいに連なる提灯行列の様は、すこぶる神秘的でおごそかなものである。

◆期日
体育の日

  • 柏沢のちんぢんめえり2